痛みは悪い奴?

ブログ

皆さんはひと口に「痛み」と聞いてどんなイメージを持ちますか?

きっと最初に思うことは、

「嫌だな」
「こわいな」
「いらない」

とかではないでしょうか。

今回は、そんな痛みに対してのイメージを書き換える内容を提供できればと思います。

この、「痛みのイメージを書き換える」という事は簡単な事ではありません。

食べすぎると太ってしまうのが分かっているのにも関わらず、
つい食べ過ぎてしまうその様に似ていて、

心から理解できるまでは簡単な道のりではないかもしれません。

しかし、それが達成できたならば、
あなたがお困りのその痛みは大きく改善し、これまでと違った人生になる事でしょう。

あなたがお悩みの腰痛、膝痛、坐骨神経痛をはじめ様々な痛みを改善し、
痛みによってやりたい事を諦める事がない明るい未来を望んでいるのであれば、
少々お付き合いください。

痛みはサイレン

まずは痛みについての基礎的な事を知らなければなりません。

一般的に言われる痛みは、

けがや病気により身体が傷ついたり腫れたりすることで起こる痛みです。

これは、身体に対して有用な警告システムです。

この、サイレンともいえる警告システムが正常に作用することで、
我々人間や生物は身体を守り、危険を記憶し、生命の維持に役立てています。

熱いやかんに触らないようにしたり、針先から手を引いたりして身体を守ることが出来るのは、
痛みという警告システムがあるからなんですね。

もし、痛みがなかったら・・・

現時点で痛みにお困りであればある程、

「痛みなんかいらない」
「消えてなくなって欲しい」

こんなふうに考える事でしょうし、そう思ってしまう気持ちはすごくわかります。

私も実際に、
座っても立ってても落ち着かない激甚な痛みを経験したことがありますが、
その痛みを感じている最中は

「はやくなくなれ~、はやくなくなれ~。」

と、心の中でずっと祈っていました。

あまりの痛さに、「今ここでパタッと死んだらどれだけ楽か」と考える程の痛み。※詳細は別ページに記載予定。

だから、あなたの気持ちはわかります。

その上で変わって欲しいと思っているんです。

私が変われたのだから、きっと大丈夫。あなたも変われます。

先天性無痛症

遺伝性の疾患で、痛みを感じない病気があります。

先天性無痛(無汗)症と言います。

この病気は痛みを感じることが出来ないので、
痛みによって学習することが出来ません。

例えば、

・ペンを顔に刺したり
・階段の高所から飛び降りたり

といった”遊び”をします。

手先足先は欠損し、全身の関節は破壊されますが、
それでも痛みを感じる事はないんです。

そうなれば当然、ながく生きる事は容易ではありません。
早死にしてしまうことも少なくないです。

まとめ

痛みは自己防衛のための警告信号、すなわちサイレンであるという事をお伝えしました。

私は、痛みと向き合う時に意識することがあります。

「この痛みの反対側には何があるのか」

確かに痛みは、しんどくて、不快で、嫌な対象かもしれません。

しかし、必ず反対の側面もあるんです。

サイレンが鳴っているという事は何かを知らせているのでしょう。

あなたの痛みは、いったい何の警告をしているのでしょうか?

そのサイレンを消す事が根本的な解決なのでしょうか?

サイレンは、どこで鳴っているのでしょうか?

このブログでは、そのヒントや答えに迫っていきます。


那須塩原・大田原・那須で、どこに行っても治らない痛みにお困りならお任せください。
出張整体リセットが最大減のサポートをお約束いたします。

タイトルとURLをコピーしました