プロフィール

出張整体リセット代表
大野 雄基

<資格>
・柔道整復師
・はり師
・きゅう師
・健康経営アドバイザー

7月18日生まれ A型
三児のパパ

ごあいさつ

私は、腰痛や坐骨神経痛などをはじめとした痛みやしびれだけでなく、頭痛や不眠などの自律神経症状の方から大変喜んで頂ける治療家になりました。

なかには、

  • 病院を受診し薬や注射で効果を感じられなかった腰痛
  • 数十年、たくさんの治療院でも改善することのなかった肩こり
  • 変形性関節症と診断され、40年間抱えた股関節の痛み
  • 椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛と診断され、休職を余儀なくされた脚のシビレ
  • トラムセット(麻薬の一種)を処方される程痛みの強かった神経痛

等、たくさんの方がいらっしゃいます。

柔道整復師、はり師、きゅう師の3つの国家資格を保有し、接骨院・鍼灸接骨院で副院長を務めた経験を最大限活かし、今日もたくさんの方の健康をサポートさせて頂いております。

治療家になったきっかけ

私は、3つ年上の兄の影響で幼少より柔道に打ち込み、柔道衣を持って幼稚園に登園するほど柔道が大好きでした。小学・中学・高校でキャプテンを務めるなど、率先して人の前に出るような性格でした。

柔道に没頭した私は幼少よりケガの連続でした。特に、高校2年生の頃に右肘の靭帯を傷める大怪我をして長い期間柔道から離れた時には、“身体の不調が心に影響を及ぼす”ことを身をもって体験しました。

その時に通っていた接骨院の先生に心も身体も救われ、「治療家として困っている人の役に立ちたい!」と思ったのが、私が治療家になろうと決断したきっかけでした。

大志を抱き、治療家の道へ飛び込んだものの・・・

尊敬する師匠のもと大学時代から臨床を経験し、柔道整復師免許を取得し入職。骨折や脱臼など、けがの治療技術を習得しました。師匠にはやく追いつきたい思いから、師匠の机の本を読み漁り治療手技の練習に励みました。

しかし、けがの治療に没頭する一方、すべての患者さんの役に立ててたかと言われるとそうではありませんでした。

腰痛や肩こり等の慢性的な痛みやしびれ、原因のよくわからない不眠や頭痛などの自律神経症状などの治療に関しては、望むような結果を出せていないのが現実でした。

自分で医学書を読み、患者さんに治療してもなかなか結果がついてこない日々の連続。

現代医学の知識の大半は「治らない理由を補強するものばかり」で、目の前にいる患者さんは痛みで苦しんでいる状況に、自分自身の不甲斐なさを感じ精神的に追い込まれていきました。

一日を通して固形物が一口も喉を通らない程食欲がなくなり、かと思えば狂ったように食欲が一気に暴走するような不安定な心理状態のなか、夢の中でも患者さんが苦しんでいて睡眠の質も大幅に低下する日々。

柔道で培った体力自慢である身体は次第に蝕まれ、体中が痛みを発するようになりました。気付けば朝、昼、晩に院で電気治療をする毎日・・・。しかし、痛みは良くなりませんでした。

私は、目の前で苦しむ患者さんの辛さを自分の身をもって体験しました。それと同時に自分の治療家としての無力さを痛感し、このままではいけないと思い治療法を増やすことを決意しました。

高みを目指して、新しい道へ

身近に鍼灸師の先輩がいたこともあり、治療手段が増えることはこれから出会う患者さんに有益だと判断した私は、鍼灸師の養成校に進学しました。

学生と現場という二足の草鞋で日々経験を積み、東洋医学の新しい知識に加え休日返上で数えきれないほどの勉強会やセミナーに参加しました。

それぞれに独自の理論があり高い改善率があったのも事実です。しかし、現実には改善しない方もいます。

そのたびに「この方が自分の家族だったらどうする?」と自分に問いかけ自己研鑽に励みました。毎日、臨床と研究の苦悩の日々でした。

治療家人生の転機

そんな時に出会った現在の師が、私の治療家人生を大きく変えてくれました。

師の施術は、極わずかな弱い刺激を、身体の適切な箇所に与えていくというものでした。

実際に施術を受けたときは正直「何をされているんだろう。本当に効くのかな」と疑ってしまうような、たくさんの治療法を学んだ私にとっても過去に例のない程やさしいものでした。

しかし、施術が終わってみると嘘のように動きが改善、その他の症状も緩和し、続けて治療をしていくと痛みも次第に消えていったのです。

それまでは方法論(何をしたらよくなるかという思想)ばかり追求してきましたが、原因論(どうしてそうなってしまうのかという思想)を探求するようになり、

・すべての治療法に共通するもの
・すべての理論に欠けているもの

それが「脳」であることを知りました。

有効に脳に働きかけるためには、身体が本能的に拒否反応を示さない“やさしい手技”が大原則であり、その入り口としてふさわしい箇所を把握するために患部だけでなく身体の隅々まで検査することが重要なんです!

痛みだけでなく自律神経失調症などの様々な症状の原因を探し出す知識に基づき、その原因に対してアプローチする最も効果的な方法を体感いただき、あなたにも明るくなっていく未来を手に入れて頂きたいと思っています。

3つの国家資格を保有

柔道整復師・はり師・きゅう師の3つの医療系国家資格免許を所有。

接骨院・鍼灸接骨院で副院長として臨床を経験。

たくさんの患者さまに出会い、数多くの症例から学び、知識と技術を向上させました。

知識や技術を治療家の
先生に伝えています

私たちに関わる「患者さんのために」少しでも力になれるよう、志の高い治療家の先生を集め勉強会を主宰しています。

有名講師を招待したり、私自身が座学や実技の講師をしています。

常に向上心と探求心を絶やさずに勉強し続けています。

健康に関する講座
を行いました

地域の方々へ向け、健康に関する講座を行いました。

健康は、様々な不調と隣り合わせの現代社会を乗り切るための基礎となります。

楽しくイキイキと人生100年時代を過ごすためにも、健康への関心は高めておきたいものですね。

タイトルとURLをコピーしました