自律神経失調症

動悸 不安 だるさ…
自律神経の不調は、
身体からのサインです。

こんなお悩みありませんか?

あなたも今すぐチェックしてみてください!
  • 気温や気圧の変動で頭が痛くなる
  • 低気圧でだるさ、めまい、むくみを感じるときがある
  • 雨の日は頭痛、だるさ、ふらつきがひどい
  • 季節の変わり目(梅雨や春先など)に体調を崩しやすい
  • 一人でいると不安感で胸がざわつく
  • ドキドキが聴こえるくらい激しく脈打つ
  • なかなか寝付けない、いくら寝ても寝足りない
  • 手先足先がよく冷える
  • 頭のてっぺんまで急にほてることがある
  • 胃腸の調子が悪い(便秘、下痢)


チェックが当てはまったあなた、
自律神経失調症かもしれません。

▼ ご依頼はこちらから

自律神経失調症ってどんな状態?

自律神経失調症とは

ストレスなどが原因で、自律神経である交感神経と副交感神経のバランスが崩れて出る様々な症状。自律神経失調症は、自律神経がストレスによって正常に機能しないことによって起こる様々な症状の総称です。

e-ヘルスネット(厚生労働省)より引用

冷え性や睡眠不足・食事の変化・ホルモンバランスの乱れなどのきっかけや、職場や家庭のストレスなどの環境の変化などで、自律神経のバランスが崩れ、心や体のバランスが乱れる状態を自律神経失調症といいます。その結果、疲れやすさやだるさ・便秘や下痢、頭痛や冷え・ほてり、喉の違和感や動悸、しびれや手の汗、頻尿や残尿感などの体の症状が出てしまいます。

自律神経は働いているがバランスが崩れている状態を指すので、内臓の検査等で調べても何か悪い異常や病気は見つからないのが特徴です。したがって、病院や治療院に通ってもその場しのぎのお薬や電気治療・マッサージなどで誤魔化すことが多く、本質的に良くならないことも少なくありません。場合によっては信頼している先生から、「気の持ちようだから」と言われ、ひどく落ち込んでしまう方もこれまで多く出会ってきました。

そもそも自律神経ってなに?

自律神経は、呼吸・内臓の働き・血液循環・体温調整・ホルモンバランスなど、私たちが生きていく上で必要不可欠なものを無意識にコントロールしています。

自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」という二つの対照的な働きを持つ神経があり、殆どの器官(臓器)はこの二つの神経がバランスよく働くことにより機能し、維持されています。

交感神経は、車で言うところのアクセルの役割を果たします。交感神経の働きが高まると、(基本的に)血管が締まり、血圧が上がり、気分はアクティブになります。

副交感神経は、ブレーキの役割を果たします。この働きが高まると、血管は緩み、血圧は下がり、気分はゆったりと冷静になります。

ところが、私たちを取り巻く現代社会には、この働きを阻害する因子がたくさん存在しています。

自律神経を乱す因子

現代社会は、多くの方が時間に追われ、多忙な毎日を過ごされています。

それによって、普段の睡眠時間は十分に取れず、逆に休日には寝貯めをしようと遅くまで寝続ける人が多くいるように、睡眠サイクルが完全に狂ってしまっている方も多くいるかと思います。

また、人間は他の動物より特に理性が働き、社会的な側面があります。職場での上司・同僚・顧客との関係性や、家庭での家族関係・隣人関係などに、少なからずストレスを感じることもあるでしょう。

それ以外にも、目まぐるしい産業の発展に伴い、生活様式は数十年前と大きく変わりました。PCやスマホなどのブルーライトや、多くの電化製品・ハイブリッドカーなど、普通に生活していても電磁波に曝露されることは当たり前な世の中になりました。この電磁波による身体への影響は、近年の脳科学の研究により、多くの専門家が指摘しています。

さらに、むち打ちなどが代表するような「古傷がいたむ」ような状態。気温や気圧などの気候が人体に及ぼす影響も図りきれません。

つまり、自律神経を乱す原因としては、「単一の何か」を特定することは非常に難しいのが現状です。非常に多くの要因が複雑に絡み合っていると考えた方がスムースです。

本当の原因

前述した「自律神経を乱す因子」については、睡眠サイクルや心理的ストレス・電磁波や気候など、非常に多くの要因が存在し、そのどれが不調を引き起こしているか特定するのは極めて困難であるというお話をしました。

さて、ここまでご覧のあなたはもうお気付きかと思いますが、これらの因子は誰にでも当てはまります。多少の大小の差は当然ありますが、誰にでも共通して該当するんです。

では、本当の原因は何か?

自律神経失調症で困っているあなたと、症状がなく元気に生活しているあの人との違いは一体何なのか?

それが、脳疲労です。

自律神経の中枢(指令室)は脳にあります。以前は視床下部という特定の領域に存在すると言われてきましたが、最先端の研究結果により現在は、視床下部を含む神経のネットワーク(CAN)であると言われています。つまり、脳の状態によって自律神経は影響されるんです。

脳疲労を上手に解消できておらず正常に機能を果たさない個体に、人体に少なからず影響がある様々な外部刺激が降りかざした場合、どうなるかは火を見るより明らかです。

まとめ

あなたはどれくらいの期間、そのつらい症状に悩んでいますか?

その症状を抱えて残りの一生を過ごしたいのであれば、きっとここまでご覧になっていないでしょう。

今までいくつの医療機関を受診しましたか?

何度も期待を裏切られてきませんでしたか?

今はつらくてもいいです。長い人生の休憩時間だと思ってください。

でも、どこかで折り返し地点は必要です。そして、できるなら早い方がいい。

先に楽になった方もいらっしゃいます。

あなたがまた、元気でいきいきとした人生を送るための折り返し地点に立って待っていますね。

▼ ご依頼はこちらから

タイトルとURLをコピーしました